開発ツール
製品情報
簡単な操作 計画を可視化 工程情報の表示 複数視点からの表示 グループ機能
ネットワーク 負荷山積み 進捗・実績管理 カレンダー 日程計算
計画再利用 フォーム・印刷 アプリ/データ連携 工程'sツール 機能一覧
開発ツール 動作環境 製品の比較 Ver8の新機能 *

開発ツール

開発ツール KZToolsとは

■KZTools は、工程'sで作成した工程表データを外部から加工、編集することを目的としたアプリケーションの開発を支援する、.NET C# で利用可能なクラスライブラリです。
日本人の思考に馴染みやすく、かんたん操作でご好評をいただいている工程'sが、KZTools の登場により、さらにその適用範囲を拡げ、社内で既に稼動中のシステムと工程's を連携したい、今後新たに開発するシステムの中の1モジュールとして工程's を組込みたい、といったお客さまのニーズを強力にサポートします。

KZTools の概要

■KZToolsは、以下の2つのdll から構成されています。

  1. KZDataSet.dll
    KZDataSet.dll は、工程'sフォーマットのファイルを、アプリケーションのメモリ上のデータ構造である KZDataSetへ読み込んだり、逆に、構築したKZDataSet を kzd や mdb などの外部ファイルへ保存したりすることができます。
    以下のフォーマットを扱うことができます。
    工程'sファイル(.kzd)
    CSVファイル群
    Microsoft Accessデータベース(.mdb)
    Microsoft Excelブック(.xls)
    XML(.xml)
  2. KZDocument.dll
    工程'sデータを操作するためには、階層構造や作業バーと資源の関係をメモリ上に再現する必要があります。KZDocument.dll は、アプリケーションのメモリ上に読み込んだ工程'sデータ(KZDataSet)の一部を使用して、ツリーの構造や作業バーと資源の関係をメモリ上に再現する機能を提供します。この再現された構造を Network と呼びます。
    KZDocument.dllは、このメモリ上の構造(Network)へアクセスする機能(KZCommandクラス)も提供します。アプリケーション開発者は、KZCommand クラスを使って、階層構造を変更や、バーを追加したり削除したりすることができます。さらに、更新した Network を DataSet へ変換し、工程'sファイル(kzd)等へ戻すことが可能です。

    KZToolsを使用して開発したサンプルアプリケーション
    ※KZToolsには、サンプルアプリケーションが付属しています。
    ※工程'sを利用したシステムを開発する場合には、必ず株式会社ウェッブアイの技術支援が必要になりますので、お問合せください。

↑↑PAGE UP↑↑

メインメニュー






工程's評価版ダウンロード

ウェッブアイホームページ

PREGAREホームページ