カレンダー機能
製品情報
簡単な操作 計画を可視化 工程情報の表示 複数視点からの表示 グループ機能
ネットワーク 負荷山積み 進捗・実績管理 カレンダー 日程計算
計画再利用 フォーム・印刷 アプリ/データ連携 工程'sツール 機能一覧
開発ツール 動作環境 製品の比較 Ver8の新機能 *

工程's画面

強力なカレンダー機能

■各工程ごとにカレンダーを指定し、稼働日・稼働時間帯を制限することができます。設計作業は9時-17時の通常勤務カレンダー、機械加工は24時間稼働カレンダーなどの設定が可能です。
■各工程は、設定されたカレンダーに従い、非稼働時間を除外して所要期間から開始と終了日時の計算を行います。
■工程ごとのカレンダーとは別に、画面・帳票に表示するカレンダーを設定できます。客先に提出するカレンダーには休日を省いたカレンダーにしたい場合などには便利な機能です。
■カレンダーは複数登録することがでまます。
■計画の単位を、分、時間、日単位など管理精度に応じて選択できます。

複数の稼働パターンが設定できます

■休日や就業帯を設定した情報をカレンダーといい、工程'sではカレンダーを複数登録することができます。
土日、祝祭日の設定や一日の中の、非稼働時間帯も細かく設定することができます。

複数の稼働パタンーを設定

休日(非稼働日・時間帯)を踏まえた計画の作成・更新

■工程ごとに異なるカレンダーを設定することができます。各工程は割り当てられたカレンダーの稼働/非稼働情報に従って日程が計算されます。

工程ごとに異なるカレンダーの設定

各工程のプロパティダイアログにおいて、割り当てるカレンダーを一覧から選・指定択する。

休日(非稼働日・時間帯)を踏まえた計画の作成・更新

■工程'sでは、各バー(工程)に設定されたカレンダーの休日(非稼働部分)を確認しながら、効率良く計画の作成・更新が行えます。

休日を踏まえた計画の作成・更新

管理単位に合わせた計画粒度が選択できます

■分/時間/日など各企業の管理単位に合わせてた計画作成が可能です。

企業の管理単位に合わせた計画作成

現場の利用に合わせたカレンダーラインの設定

■年、年度(西暦)、月、日、時間の他、通し月、通し週、通し日など現場での表現に適した表示を選択することができます。

現場の利用に合わせたカレンダーラインの設定

スムースな表示期間の切替

■カレンダーラインのクリックによりスムースに画面の表示範囲を喫り替えることができます。

      スムースな表示期間の切替

↑↑PAGE UP↑↑

メインメニュー






工程's評価版ダウンロード

ウェッブアイホームページ

PREGAREホームページ