工程'sはどう使う?
工程's Click

工程'sはどう使う?

■工程'sは、単独で、導入即利用頂けるパッケージですが、複数人での運用や、統合管理パッケージPREGAREとの連携利用などユーザーの目的や管理形態に合わせた柔軟な適用・運用が可能です。

項目 工程'sを単独で
利用
複数の工程'sを連携して利用 PREGAREを
使って本格管理
他システムと
連携利用
運用規模
(管理規模)
小〜中 中〜大 小〜大
工程'sの必要
ライセンス数
1
(〜計画担当者数)
計画担当者数
作成された計画の参照方法 工程'sビューア利用またはPDF化など
導入の準備
不要
運用方法の検討
マスター類の整備
運用方法の検討
運用方法の検討
インターフェース
プログラムの開発

 

単体(スタンドアロン)で利用

■1ライセンスの工程'sで計画を作成し更新します。
(運用)計画担当者・プロジェクトマネージャー・係長・グループリーダーなどのPCに工程'sをインストールし、初期計画の作成・進捗の入力・計画の更新・工程表の印刷出力を行います。
(特長)基本的な工程'sの使い方ですが、導入して即座に利用開始が可能です。確実に計画業務の効率化をが図れます。
(対象)数名の計画担当者が計画を作成している場合や、少人数の組織やグループに向いた運用方法です。

単体で利用

複数の工程'sを連携して利用

■工程'sを複数ライセンス導入し、管理区分け(製番別、組織別、担当設備別など)に従って計画業務を行う方法です。
(運用)複数の計画担当者のマシンに工程'sをインストールし、データは共有ディレクトリに保管します。各計画担当者は他の計画担当者が作成した計画を参照・更新することができます。また複数の計画を工程'sを使って一つの計画にまとめることも可能です。
(特長)工程'sをスタンドアロンで利用する基本的な使い方と同じですが、共有ディレクトリを使ってデータが共有できるようにしています。共有ディレクトリだけ用意すれば直ぐに計画の共有が可能です。同じ計画を同時に編集することはできません。
(対象)計画担当者が複数名いる場合や、部署・担当ごとに計画を切り分けられる場合に適した運用です。本格的に複数の利用者でデータを共有管理するにはPREGAREを使う必要があります。

複数の工程'sを連携して利用

PREGAREを使ったマルチユーザー・マルチプロジェクト運用

PREGAREを利用して、複数ユーザー複数プロジェクトに本格的に対応した計画方法です。
(運用)サーバーアプリケーションとしてPREGAREを導入し、計画用GUIとして工程'sをクライアントに導入します。
(特長)サーバーアプリケーションとしてPREGAREを利用することで、計画の「結合」と結合した結果を元の計画に戻す「分割」が可能になります。計画の履歴情報や工数集計、予算・コスト管理、各種レポートの作成なども可能です。
(対象)中・大企業における製品の開発/設計管理やソフトウェア開発管理、個別受注型製造業における設計から製造にわたる製番管理などに適用できます。

PREGAREを使ったマルチユーザー・マルチプロジェクト運用

既存システム、他社パッケージとの連携利用

■既存の計画アプリケーションや他社の生産管理パッケージ(ERP含む)のフロントエンドとして工程'sを利用します。
(特長)文字ベースでわかりにくい計画情報をガントチャート形式で見やすく表示します。 表示された計画の調整や資源の割り当て(差し立て)を行った上で結果を元のアプリケーションに返すことにより、よりレベルの高い計画管理が行えます。

既存システム、他社パッケージとの連携利用

↑↑PAGE UP↑↑

メインメニュー






工程's評価版ダウンロード

ウェッブアイホームページ

PREGAREホームページ